外壁塗装・屋根塗装の応用知識~リフティング現象の原因と対策

杉並区外壁屋根工事協同組合

03-6915-0355

〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

月~土 09:00~17:30

総合ブログ

外壁塗装・屋根塗装の応用知識~リフティング現象の原因と対策

組合ブログ

2017/03/01 外壁塗装・屋根塗装の応用知識~リフティング現象の原因と対策

杉並区安い外壁塗装00003

杉並区松庵T邸 外壁塗装

 

昨日、リフティング現象が起こる2つ目の原因で、下塗り塗料の乾燥が不十分だったり、上塗り塗料のシンナーの希釈量や溶解力の誤りで起こるということを申し上げました。

その現象はシンナーの溶解力により下塗りの塗膜が起き上がってくる、そのため専門用語でリフティングと言われます。

もっと簡潔にいうと、油性系塗装面に塗料を塗り重ねたとき、下塗りの塗膜が軟化して「シワ」ができる、ということになります。

 

リフティング現象(チヂミ)の原因と対策は下記の通りです。

 

1.一度に厚く塗らずに、塗料を 薄く、何回かに分けて塗り重ねる。
2.シンナーの希釈量は多すぎないよう、適正希釈量を守る。
3.上塗り塗料に使用するシンナーの溶解力は、強すぎないように適正なシンナーを使う。
4.下塗り塗料の規定乾燥時間を厳守して、塗り重ね禁止時間帯を必ず避ける。

ということです。

 

 

杉並区外壁屋根協同組合

住所
〒167-0042東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

電話番号
03-6915-0355

営業時間
月~土 09:00~17:30

定休日
日曜・祝日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2cDd256

TOP