スレート屋根の重なり合う部分は雨水を逃がす重要な隙間です

杉並区外壁屋根工事協同組合

03-6915-0355

〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

月~土 09:00~17:30

総合ブログ

スレート屋根の重なり合う部分は雨水を逃がす重要な隙間です

組合ブログ

2017/02/01 スレート屋根の重なり合う部分は雨水を逃がす重要な隙間です

suginamiku-gaiheki00197

 

前回コロニアル屋根(スレート屋根の1種)の塗替えのことを書きましたが、施工時の注意点を少し補足させていただきます。

ご自分で屋根を塗り替えることは、職人の方でもない限り、まずないとは思いますが・・・。

 

スレート屋根の塗装後、スレート屋根が重なり合っている隙間の大半の部分は塗料で塞がってしまいます。

その塞がった隙間を皮すきやカッターを使って、隙間を復活させます。

これを「縁切り」といいますが、スレート屋根は入った雨水をその隙間から逃がすような造りになっています。

そのため、塗料で隙間が塞がってしまうと、逃げ場のなくなった雨水が溜まり、結果下地が腐ったり、雨漏りの原因になることもあります。

初回の塗装のときは隙間は塞がりにくいのですが、2回目、3回目と塗装を重ねると上に塗った塗料の厚みも出てきて、隙間が塞がりやすくなり、縁切りが必要になります。

 

 

 

杉並区外壁屋根協同組合

住所
〒167-0042東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

電話番号
03-6915-0355

営業時間
月~土 09:00~17:30

定休日
日曜・祝日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2cDd256

TOP