ウレタン防水は職人の技量により施工の良し悪しが決まります

杉並区外壁屋根工事協同組合

03-6915-0355

〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

月~土 09:00~17:30

総合ブログ

ウレタン防水は職人の技量により施工の良し悪しが決まります

組合ブログ

2017/01/26 ウレタン防水は職人の技量により施工の良し悪しが決まります

suginamiku-gaiheki00188

 

前回ウレタン防水「通気緩衝工法」の施工の流れを見ていただきました。

今日は、ウレタン防水通気緩衝工法(以下ウレタン防水)のメリットとデメリットについてです。

 

ウレタン防水のメリットは、

・工期が短く、比較的低コスト

・さまざまな下地に施工可能

ということです。

ウレタン防水材を施工面に流して、それをコテで広げていく施工法なので決して難しい作業ではありません。

また、下地の材質もほとんど関係なくさまざまな下地に施工できることもウレタン防水のメリットです。

 

デメリットは、

・施工する職人の技量により施工の良し悪しが決まり、その良し悪しの判断が難しい

ということです。

作業そのものは難しくないのですが、均一の厚みに塗り上げるのは難しいです。

ウレタン防水材を均一に仕上げないと結果的に防水層が早期に劣化してしまいます。

 

 

杉並区外壁屋根協同組合

住所
〒167-0042東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

電話番号
03-6915-0355

営業時間
月~土 09:00~17:30

定休日
日曜・祝日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2cDd256

TOP