紫外線や熱による劣化を防ぐため防水層はトップコートで保護します

杉並区外壁屋根工事協同組合

03-6915-0355

〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

月~土 09:00~17:30

総合ブログ

紫外線や熱による劣化を防ぐため防水層はトップコートで保護します

組合ブログ

2017/01/25 紫外線や熱による劣化を防ぐため防水層はトップコートで保護します

suginamiku-gaiheki00187

 

ウレタン防水「通気緩衝工法」の施工の流れを簡単にご紹介しておきます。

 

1.防水対象面のケレン、清掃など下地処理

2.プライマー(接着剤塗料)を塗布

3.施工面全体に通気緩衝シートを張る

4.通気緩衝シートが重なっている部分をテーピング~重なっている部分から水が漏れるのを防止するため

5.必要数の脱気筒を設置

6.床面との取り合いの壁立ち上がり部分にウレタン防水材を塗って、その上にガラスクロスを貼り付け、再度ウレタン防水材を上から塗布

7.床面に所定の量のウレタン防水材を流し込んでコテで広げる

8.養生時間(しっかり乾燥させる)

9.再度床面にウレタン防水材を流し込んでコテで広げる

10.トップコートを塗布して完成

 

ウレタン防水「通気緩衝工法」もFRP防水工法と同じように、最後の工程がトップコートの塗布です。

防水層は紫外線や熱で劣化しやすいため、耐久性を継続させるためにトップコートで保護します。

 

 

杉並区外壁屋根協同組合

住所
〒167-0042東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

電話番号
03-6915-0355

営業時間
月~土 09:00~17:30

定休日
日曜・祝日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2cDd256

TOP