ウレタン防水通気緩衝工法は面積の広い屋上やバルコニーに使われる

杉並区外壁屋根工事協同組合

03-6915-0355

〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

月~土 09:00~17:30

総合ブログ

ウレタン防水通気緩衝工法は面積の広い屋上やバルコニーに使われる

組合ブログ

2017/01/24 ウレタン防水通気緩衝工法は面積の広い屋上やバルコニーに使われる

suginamiku-gaiheki00185

 

今日は、ウレタン防水の「通気緩衝工法」です。

 

通気緩衝工法は、面積の広い屋上やバルコニーなどに使われることが多い防水工法です。

下地の上に通気性がある通気緩衝シートを張り、その上からウレタン防水材を塗ることで防水層を形成する工法です。
密着工法でも取り上げましたが、防水膜表面の膨れの原因になる下地に含まれている水分(蒸気化した水分)を外部に放出させることで、安全で信頼性の高い防水層の形成が可能です。

 

通気緩衝シートが下地のコンクリートと緩衝しているためクラックが起きにくいことも特徴です。

しかしウレタン防水の塗膜が薄い部分は、紫外線や熱で早期に劣化しやすく、地震などによる建物の揺れに伴う防水下地の動きに追従できずに、防水塗膜が破れたり、亀裂が入ったりする原因になります。
所定のウレタン防水材の使用料を守り、均等に塗布することが重要です。

 

下地に含まれた水分が蒸気化した湿気などが通気緩衝シートの下に溜まらないようにするため、上の写真にあるように脱気筒を必要数設置して湿気を外部に脱気します。

 

 

杉並区外壁屋根協同組合

住所
〒167-0042東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

電話番号
03-6915-0355

営業時間
月~土 09:00~17:30

定休日
日曜・祝日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2cDd256

TOP