種類が豊富な錆止め塗料は下地の鋼材によって適切な塗料を選ぶ

杉並区外壁屋根工事協同組合

03-6915-0355

〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

月~土 09:00~17:30

総合ブログ

種類が豊富な錆止め塗料は下地の鋼材によって適切な塗料を選ぶ

組合ブログ

2017/01/10 種類が豊富な錆止め塗料は下地の鋼材によって適切な塗料を選ぶ

suginamiku-gaiheki00170

杉並区西荻北M邸錆止め塗装

 

錆止め塗料の施工説明書には、「サビをきれいに落としてからお使いください」とか、また外壁塗装業者の見積書には、「サビ除去後サビ止め塗装」などと書かれていても、全ての錆をきれいに落とすことは現実的には限りなく不可能です。

 

完全に酸化している部分を落としてから錆止め塗料を塗りますが、防錆力の強い錆止め塗料でないと防錆効果は長持ちしません。
しかし、どんなに強力な防錆力がある錆止め塗料を使っても、一度ひどく錆びてしまった鋼材の錆を止めることは難しく、いずれ錆が再発してしまうのは致し方ありません。

 

錆止め塗料には、エポキシ系や油性系、アルキド樹脂系、フェノール系、ウレタン系など様々な種類があるということを前回申し上げましたが、下地鋼材の状態に合わせ錆止め塗料を選ぶ必要があり、選択を見違えると錆止め効果を発揮することが困難になります。

 

現行商品におきまして、当組合は2液性エポキシ樹脂の錆止め塗料をお勧めしています。

 

 

杉並区外壁屋根協同組合

住所
〒167-0042東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

電話番号
03-6915-0355

営業時間
月~金 09:00~17:00

定休日
日曜・祝日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2cDd256

TOP