見積書の項目~外壁がきれいになっても鉄部の錆は美観を損ないます

杉並区外壁屋根工事協同組合

03-6915-0355

〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

月~土 09:00~17:30

総合ブログ

見積書の項目~外壁がきれいになっても鉄部の錆は美観を損ないます

組合ブログ

2017/01/08 見積書の項目~外壁がきれいになっても鉄部の錆は美観を損ないます

suginamiku-gaiheki00168

 

鉄部の錆止め塗装は重要なファクターです。

折角外壁を塗り替えてきれになったのに、1年ぐらいで鋼材を使用している外階段やバルコニーの手摺から錆が出てきたら美観は台無しです。

 

とりわけ1年ぐらいで酷い錆が発生した場合は、錆止め塗装をしていないか、していたとしても防錆力の低い錆止めを使ったかなどが考えられます。

 

そもそもなぜ錆が発生するのか原理を見ておきましょう。

地球上には鉄が酸化鉄の状態で存在していて、酸化鉄を還元させて鉄にしています。

その鉄に水と空気が付着することで酸化鉄に戻ろうとする現象が錆なのです。

錆止めとは、酸化鉄に戻るときに必要な水と空気に鉄が触れないように遮断することで錆びないようにするものです。

従いまして、錆止め塗装をしないで仕上げ塗装をした場合、仕上げの塗料は密着性もですが空気と水の遮断性が錆止め塗料よりはるかに低いので、短期間で錆が進み始め、酸化したことで体積が大きくなった錆が膨らんで塗料を剥がし始めるということになります。

 

(次回に続く)

 

 

杉並区外壁屋根協同組合

住所
〒167-0042東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

電話番号
03-6915-0355

営業時間
月~金 09:00~17:00

定休日
日曜・祝日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2cDd256

TOP