見積書の項目~シーリング材も外壁と同様に経年劣化して痩せます

杉並区外壁屋根工事協同組合

03-6915-0355

〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

月~土 09:00~17:30

総合ブログ

見積書の項目~シーリング材も外壁と同様に経年劣化して痩せます

組合ブログ

2017/01/06 見積書の項目~シーリング材も外壁と同様に経年劣化して痩せます

suginamiku-gaiheki00166

 

外壁塗装の見積書に出てくる見積項目、今回は「シーリング」についてです。

 

シーリングまたはコーキングと呼ばれ、水密性や気密性を保つため、目地や隙間などにペースト状の合成樹脂や合成ゴムを充填することです。

シーリングも外壁と同様に経年とともに劣化して、痩せ細ったり、ひび割れが生じます。

隙間や目地を埋めているシーリング材が痩せてしまうと隙間が生じるため、当然水密性や気密性は低下します。

水密性が低下すると建物内に水が浸入して、大切な住まいの構造体にも影響を及ぼすことにも繋がりかねません。

シーリング材は外壁塗装よりも耐久年数が短い場合が多いため、本来は外壁や屋根以上に定期的な検査が必要と言えるでしょう。

 

基本的にシーリングは、既存のシーリング材を撤去して、新しいシーリング材を充填します。

そのため、外壁塗装の塗り替えの場合は、シーリングは「打ち替え」という作業になります。

杉並区の場合、シーリングの「打ち替え」は1,200円/m前後だと思います。

 

「打ち替え」ではなく既存のシーリングの上に重ねて打つ場合のことを「打ち増し」といいますが、杉並区外壁屋根工事協同組合では「打ち増し」は行っていません。

理由は、当ブログ「外壁工事は安い見積の業者の手抜き工事には十分注意してください」をご覧ください。

 

 

杉並区外壁屋根協同組合

住所
〒167-0042東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

電話番号
03-6915-0355

営業時間
月~金 09:00~17:00

定休日
日曜・祝日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2cDd256

TOP