外壁塗装後の塗装の色が依頼した色と違ったらどうしますか?

杉並区外壁屋根工事協同組合

03-6915-0355

〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

月~土 09:00~17:30

総合ブログ

外壁塗装後の塗装の色が依頼した色と違ったらどうしますか?

組合ブログ

2016/12/20 外壁塗装後の塗装の色が依頼した色と違ったらどうしますか?

suginamiku-gaiheki00141

試し塗り

 

今回は外壁塗装によく見かけるトラブルの事例を知ることによって、トラブルを未然に防いでいただくためのものです。

 

当組合ではまだ事例がありませんが、工事後の外壁の色が決めた色と違う、ということです。

さて、外壁塗装工事の契約をして色を決めるにあたり、色見本がずら~と載っている見本帳を業者から渡されました。

山のようにある色見本の中から、悩みに悩んで決めた色を業者に伝えて完成を楽しみにしていました。

しかし、実際に仕上がってみると、決めた見本の色と違うということに・・・。

 

 

考えられないことですが、インターネット上に出ているトラブルの事例で意外と多いことを知りました。

でもこれは業者が色を間違えたのではなく、色の見え方の問題に起因するものなのです。

見本帳に載っている見本はほんの数センチの小さいもので、外壁のように広い面積に塗った場合、濃い色はより濃く、淡い色はより淡く見えるのです。

それに水平面で見ていた色を垂直面で見ると、イメージや見え方が違ってきます。

 

でも、この場合は業者が悪いです。

色出しと言って、実際に施工する外壁に決まった色で試し塗りをして、お客さまに見てもらい、確認をしていないということです。

外壁でなくてもベニアなどに塗って、太陽のもとでベニアを垂直にして、それで確認してもらうという方法もありますしね。

 

 

杉並区外壁屋根協同組合

住所
〒167-0042東京都杉並区西荻北2-3-9コメットビル4F

電話番号
03-6915-0355

営業時間
月~金 09:00~17:00

定休日
日曜・祝日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2cDd256

TOP